スタッフブログ

新・大家ライフスタッフ
最新情報を発信中!

大阪に書道コンテストを見に行ってきました!!

更新日:2019年08月27日


皆様、こんにちは!

新大家ライフスタッフの後藤です!

 

さて、先週の休みを利用して大阪に行ってきました。

 

今回なぜ大阪に行ったのかといいますと、全国各地の書家達が集まり、しのぎを削る、【鴉】という大会の大阪予選を見に行ってきました。

 

私の知人に書家として活動を行っている方がいて、その方に予選のチケットをいただいたので祖父、祖母に声をかけて一緒に見てきました。

 

予選は西(大阪)、東(東京)の2つに分かれていて、その中で作品、パフォーマンス力、発想力等を基準に採点を行い、その中で、西と東を合わせた上位11名が本選に出場することが出来る仕組みだそうです。

今回の大阪の予選参加者は40名以上にものぼったそうです。

 

 

 

一番驚いたのが、会場に行くと、会場のステージ上に大きな映像が映されていて、参加者は名前を呼ばれたら前のステージに立ちます。

 

そこで映像がルーレットに変わり、お題となる文字をルーレットで決めるという流れでした。

(決まった文字をそのまま書いたり、そのお題を連想させるようなものであれば何でも有りといった感じでした)

 

その為、参加者はどういったお題になるのか、当日まで知ることが出来ず、お題が決まってから30秒のインターバルを挟んで持ち時間5分の中で作品を作り上げなければいけません。

 

事前の準備というのが無い分、自分の今まで培ってきたものを出さなければいけません。

 

大阪予選で1位になった方がインタビューで「本番を想定していつも練習を行ってきました」と仰っていました。

よく耳にする言葉ではありますが、その方の仰っている言葉にはとても重みがあるなと感じました。

 

個人的に好きだった作品がありますので紹介させていただきます。

 

 

お題は 「裂」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お題は 「響」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、チケットをいただいたときは私自身はあまり興味が無く、祖父と祖母が行きたいというので行く

といった考え方でしたが、素人の私が見ても心にグッとくるものがありました。

元からこういったことが好きな方は私以上に楽しめるのではないでしょうか。

 

大阪予選は終わってしまいましたが、2019年9月8日に東京・渋谷で東京予選があります。

チケットもまだ購入出来るかも。。。。??

 

本選は12月にあるそうです。

興味のある方は是非行ってみてください!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!