スタッフブログ

新・大家ライフスタッフ
最新情報を発信中!

相続対策としての「東京23区内・中古一棟マンション投資」

更新日:2020年09月25日


こんにちは、新・大家ライフ東京スタッフの工藤です。

早速ですが本日開催されます、「企業オーナー・富裕層向け」のセミナー情報を

お知らせします(視聴はパソコンやスマートフォンにてご覧になれます)。

オンラインにて開催しますので、下記フォームよりお気軽にご参加ください。

https://gentosha-go.com/ud/seminar/5f48dac67765619c5f010000

※お電話での申し込みはできません。「幻冬舎 GOLD ONLINE」からの検索でも

受付が可能です。

 

長期的な不況下にあっても、富裕層に課せられる相続税は変わらず高額なままです。

また、所得税も増加の一途をたどっています。

富裕層にとって、資産の維持・形成・承継は対策なしには不可能なのです。

 

富裕層の相続対策、そして資産形成の可能性を広げる手段として、

「23区内、中古一棟マンション投資」は魅力的な選択肢です。

富裕層の間では、令和元年に東京地裁が出した、「路線価否定判決」

により、収益不動産による相続税対策を敬遠する向きもありますが、

ポイントを押さえれば何も問題はありません。

 

人口減少・少子高齢化社会を迎え、コロナ禍に苛まれる現在においても、

東京一極集中は変化の兆しを見せていません。

投機対象となるような超高額物件でもなく、価格変動が見通しにくい

新築物件・地方物件でもなく、「23区内、中古一棟マンション」だから

こその強みがあるのです。

 

専門の税理士が、相続対策や資産形成を考える富裕層の皆さんに、

不動産市場の最新情報と、中古一棟マンション投資のメリット、

専門家ならではの資産形成テクニックをお伝えします。

 

【講演内容】
17:00~17:50
・和田 晃輔 氏
和田晃輔税理士事務所 代表
●納税負担は増大の一途…富裕層ほど資産が減る現実
●驚愕の「路線価」否定判決…不動産による相続税軽減策はもはや無効?
●不動産を使った相続対策~税効果を中心に
●価値が落ちない不動産を見抜く方法

17:50~18:00
・関根 光康 氏
株式会社 不二興産 東京支社 コンサルティング課 課長

●「23区内・中古一棟マンション投資」がイチ押しである理由
●お勧め物件のご紹介

【こんな方におすすめ】
●不動産オーナー、企業オーナー、ドクターの方々
●金融商品などの資産をお持ちの方
●相続を見据えた準備を考えている方
●相続税対策に悩んでいる方
●不動産投資の経験があり、資産をさらに増やしたい方