スタッフブログ

新・大家ライフスタッフ
最新情報を発信中!

蝙蝠について

更新日:2018年03月08日


賃貸管理課の井上です。

今回は蝙蝠の被害についてです。

建物の壁に米粒大の黒っぽい粒がついていたら、蝙蝠です!

蝙蝠自体は虫を主食としており、一晩に数千匹の蚊などを食べるといわれていますので、一概に害獣とは言いませんが、糞などを介して疫病を伝染するとも言われております。

物件によっては軒下や換気扇のダクトなどから蝙蝠に侵入される物件がありますので、進入が確認された場合は進入路を塞ぐ等の対策は必要だと思います。

よく知られていることですが、蝙蝠は目が退化していますが、超音波による反響定位により、自分及び進路上の物体を認識するんです、これって航空や海上レーダーに似てますよね!

最近の軍艦は角度をつけた平面によってレーダー波を上下に拡散させることにより、自艦の大きさを実際より小さく見せているんです!

写真は昨年四日市港に来た時の海上自衛隊護衛艦「いせ」です。

担当:井上