スタッフブログ

新・大家ライフスタッフ
最新情報を発信中!

オンシーズン真っ只中

更新日:2020年02月19日


こんにちは。

新・大家ライフ小林です。

 

賃貸業界はオンシーズン真っ只中ですが、大家の皆様はいかがでしょうか。

退去が発生しているという方も多いのではないでしょうか。

今回は「検索時の優位性」「内見時の第一印象」「対策の即効性」という視点で、

まだ間に合う、空室対策に関して6つご紹介させていただきます。

①工期が短い人気設備の導入

全国賃貸住宅新聞でも毎年人気設備ランキング上位に入ってくるモニター付インターホンやディンプルキー、室内物干しなど工期が短く、設置費用も大きくかからないものを選んではいかがでしょうか。

 

②建物エントランスの印象改善

エントランスは建物の顔。内見時の第一印象が悪くては成約率に影響します。高圧洗浄等の特殊洗浄、植栽の剪定、メールボックスの見直しを行ってみてください。

③家具を設置してモデルルームに

「実生活をイメージできない」という理由で申し込みに至らないケースも少なくありません。そこで、家具を設置しモデルルーム化し印象アップ。オシャレな家具が設置された募集写真も大事です。

④募集条件の見直し

必須設備は満たしているのになかなか反響が得られない、という場合には、多様なニーズを取り込めるよう募集条件を見直してみてはいかがでしょうか。

⑤サブスクリプションサービスを特典に

Amazonのプライム会員や動画視聴サービスのNetflixなど、話題のサブスクリプションサービス(定額で一定期間自由に使用できるサービス)は利用者が年々増加しています。

⑥便利アイテムを成約プレゼント

成約時のプレゼントは、意外と効果が高いもの。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電がメジャーですが、少し違った角度からプレゼントを考えてみては?

 

弊社セミナーでお話している内容もありますが、より詳しい内容や事例などはお気軽に新大家ライフまでお問合せください!

皆様に合った空室対策をご提案させていただきます。