スタッフブログ

新・大家ライフスタッフ
最新情報を発信中!

大家様の悩み4 ~ サブリース契約時の注意点 ~


みなさんこんにちは!新・大家ライフスタッフの小倉です。

いつも弊社のスタッフブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

コロナウイルスもまだまだ流行っていますので予防、体調管理には十分ご注意ください。

さて、今回のブログですが、先回に引き続き「 #サブリース 」について書かせていただきます。

 #サブリース契約 を結ぶ際は、オーナーによる自己防衛が必要になります。

以下、 #サブリース契約 について注意するべき点を挙げさせていただきました。

 

■サブリース契約の注意点

 ・査定賃料と受取賃料はいくらになるのか

 ・サブリース会社の設定賃料は適正(家賃相場と合っている)なのか

 ・契約期間は何年で、何年ごとの更新になっているのか

 ・原状回復費用がどちらの負担になっているのか(オーナーもしくはサブリース会社)

 ・その他の条件(特にサブリース会社の指定する長期修繕案の承諾と実施)が設定されていないか

 

空室リスクを避けたいと思う安定志向のオーナーにとって、保証料の支払いで空室リスクが減るサブリースは、空室対策として魅力的な仕組みです。

また、これから賃貸経営を始めようと思っているオーナーや、土地活用でアパート経営を始めたオーナーにとって、心強い仕組みのように思えます。

しかし、保証会社も事業で行なっている以上、保証率以上(一般的に10%~20%)の空室率がある物件を保証することはできません

必要であれば家賃の引き下げやリフォーム等による空室率の改善を図る必要があります。

そうなった場合の交渉は、賃貸経営を行なうオーナーが避けては通れない道であり、そのシミュレーションができていないオーナーが賃貸経営を成功させることはとても困難です。

家賃保証を使う場合は、#サブリース 会社と契約内容、物件の選定を吟味した上で、長期的な視点から不動産投資をスタートすることが重要です。

このブログを読んでいただき、試しに相談してみようと思っていただけた大家様がいらっしゃいましまたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

#賃貸経営 のご相談、 #賃貸経営無料健康診断 をご要望の際は、

是非、▼新大家ライフ▼まで!!

お問合せ・資料請求

 

《新型コロナ対策の記事》

新型コロナ・ウィルスによる騒音トラブル対策の記事は▼こちら▼から

コロナの影響と騒音 ~トラブル対策~

新型コロナ禍の入居者ニーズと対策の記事は、▼こちら▼から

入居者ニーズNo.1‼ ~ #インターネット無料 ~

新型コロナ・ウィルスの接触感染予防の記事は、▼こちら▼から

接触感染予防 kesukin(ケスキン)

新型コロナ禍の住宅内収納事情と対策の記事は、▼こちら▼から

コロナ禍の収納事情

#空室対策 #賃貸経営サポート #大家の味方 #賃貸経営無料健康診断 #サブリース

#不動産小口化商品 #SOLS #ソルス #小口投資商品 #クラウドファンディング