スタッフブログ

新・大家ライフスタッフ
最新情報を発信中!

「窓割れ理論」をご存じですか?


皆さん、こんにちは!戦略企画室の伊藤です。

11月に入って、随分日が落ちるのが早いなぁと思っていたら「日の入」時刻が16時台になっているそうです。

夕方は交通事項が多発する時間帯だけでなく、暗くなっていることでより注意が必要になりますので、皆さんも交通事故には十分にお気を付けくださいね!

 

さて、皆さんは「窓割れ理論」についてご存じでしょうか?

この理論はアメリカの著名な犯罪学者G・ケリングによって実証的に考案され、

「建物の窓が割れているのを放置すると、誰も注意してないと思われて、他の窓も割られてその周辺もゴミで汚れていく。結果的に周辺の治安が悪くなり、犯罪が多発する。」

というものです。

ご自宅やご所有の物件(アパート・マンション)でこのようなことになっていませんか?

もし放置されたゴミがそのままになっていたり、電灯が切れていたりすると、せっかく物件に興味を持った方々も「建物は良いと思ったけど、このエリアは住民のモラルが低くて、治安が悪そうだな、ここに住むのはやめたほうがいいな」と思われるのではないでしょうか。

また、居住されている方々も「モラルが低くなってきて住みづらいな」と感じられると他の物件に引っ越しされてしまい、【空室】につながってしまいますよね。

環境犯罪学における人間心理では、

「ホコリひとつなくきれいに維持されている場所を汚すのは気が引ける」

効果検証では、

「街路の照度が高いほど犯罪率が低い(照度が低いほど犯罪率が高い)」

ということだそうですから、

まずは「窓が割れていたらすぐ修理する、ゴミが放置されていたら掃除する、照明が暗かったらLED照明を設置する」ことが【満室化】につながる対応の一つになります。

 

私たち不二興産で管理させていただいている物件では「綺麗な状況を維持」だけではなく、

安全に住める物件のために様々な取り組みを実施しております。

ご所有している物件で、気になっていること、ご心配等ございましたら、是非、弊社にお問合せください

【満室化】へのヒントのひとつになるかもしれませんよ!

実施例)

  • 共用部分の照明をLED化電気費用の削減、高照度化、虫が寄ってこない

照度が高いほど、犯罪率が低下

  • 前住居者の残荷物清算:共有部分の有効活用と清潔性確保

綺麗な場所を維持し、モラルを向上

  • 外壁の塗り替え:耐久性を上げひび割れ防止、心象良い見た目

綺麗な場所を維持し、モラルを向上

#満室 #賃貸管理 #大家ライフ #不二興産